V5 電磁石を V5 ワークセルで使用する

この記事は V5 ワークセルに関するものです。
CTE ワークセルをお探しですか? ここにアクセスしてください

V5 ワークセル

V5 電磁石は、V5 ワークセルに付属するマニピュレータで、ワークセルのアームが磁場に引き寄せられるアイテムを拾い上げ、保持し、降ろすことを可能にします。 こうしたタイプのアイテムは強磁性体と呼ばれます。

画像2.png

: マニピュレータは、物体を移動したり操作したりできるロボットの装置またはアセンブリです。


V5電磁石の説明

V5 電磁石には、アイテムを保持するための永久磁石がマニピュレータ内に内蔵されています。 また、電磁石の極性に応じてアイテムを持ち上げたり落としたりする電磁石も備えています。

画像4.png

V5 電磁石のハウジングには、スロット穴付きの取り付けタブが 2 つあり、マニピュレーターを V5 ワークセルのアームに簡単に取り付けることができます。

画像8.png

V5 電磁石は、 Lab 7 ビルドの一部としてアームの先端ツールに追加されます。

画像7.png

電磁石を V5 ロボット ブレインで機能させるには、V5 電磁石のスマート ポートと V5 ブレインのスマート ポートを V5 スマート ケーブルで接続する必要があります。 電磁石は、V5 Brain の 21 個のスマート ポートのいずれでも動作します。 V5 ワークセルは、ラボ 7の 手順に従って、電磁石にスマート ポート 5 を使用します。 V5 スマート ケーブルをポートに接続するときは、ケーブルのコネクタがポートに完全に挿入され、コネクタのロック タブが完全に固定されていることを確認してください。 電源が入った V5 Brain に接続すると、電磁石のスマート ポートが赤く点灯します。


V5電磁石の仕組み

V5 電磁石は、ソレノイドと呼ばれるコイル状のワイヤーに電流を流すことで機能します。 電流がソレノイドを流れると磁場が生成されます。 電流の方向が変わると、磁場の極性も切り替わります。 これにより、V5 電磁石は次のことが可能になります。

  • 磁場に引き寄せられる軽い物体を拾います。 これらの物体は、電磁石がオンになって永久磁石に追加されると拾い上げられます。 V5 ワークセルのカラー ディスクには、磁場に引き寄せられる金属コアがあります。
  • 永久磁石の磁場を利用して物体を保持します。
    • : 電磁石を短時間 (最大 1 秒) オンにしておくと、保持力がさらに高まります。
  • 電磁場と永久磁石の磁場がバランスしているときに物体を落とします。

電気ソレノイドに電気が流れると熱が発生します。 V5 電磁石の設計では、過熱を避けるために熱管理が採用されています。 たとえば、電磁石が 1 秒間通電されている場合、少なくとも 1 秒間通電が解除されるまで、別の通電コマンドは受け入れられません。


V5電磁石のダッシュボードの表示

V5 Electromagnet のダッシュボードを表示するには、V5 Brain のデバイス情報画面を使用すると便利です。

: ダッシュボードを表示する前に、V5 Brain に最新バージョンの ファームウェア がインストールされていることを確認してください。

画像3.png

ダッシュボードを表示するには、V5 Brain 磁気スクリーン プロテクターを取り外し、Brain の電源をオンにして、「デバイス」を選択します。

画像6.png

デバイス情報画面で電磁石アイコンを選択します。

マグネット_ダッシュボード_1.png

ディスプレイには、電力のパーセント、電磁石が使用している電流、および電磁石の温度が表示されます。

マグネット_ダッシュボード_2.png

「ドロップ」エリアの画面を選択すると、電磁石が保持しているアイテムを落とします。

磁石が過熱すると、電磁石のアイコンが赤色に変わります。

For more information, help, and tips, check out the many resources at VEX Professional Development Plus

Last Updated: