VEXcode EXP C++ オートコンプリート機能の使用

VEXcode EXP で C++ プロジェクトを作成するときに C++ オートコンプリート機能を使用すると、時間を節約し、コマンド入力時のエラーを防ぐことができます。


C++ オートコンプリート機能の使用方法

注: このプロジェクトは Clawbot (ドライブトレイン、2 モーター) テンプレートを使用します。

Screen_Shot_2022-04-18_at_2.06.38_PM.png

入力を開始して選択メニューを開きます。

ドロップダウン選択

デバイス名またはコマンド名がドロップダウン選択メニューに表示されます。

Screen_Shot_2022-04-18_at_2.12.13_PM.png

オートコンプリート機能を使用して使用できるコマンドのリストにアクセスするには、Ctrl + Space キーを押します (Windows、macOS、および Chrome OS の場合)。

C++ オートコンプリート機能を使用して選択を行う

選択を行う

キーボードの「Enter/Return」または「Tab」を押すか、カーソルでコマンドを選択して選択します。

長い選択メニューでは、次のオプションのいずれかを使用して選択できることに注意してください。

  • 「上」キーと「下」キーを使用して希望の名前を選択し、キーボードの「Tab」または「Enter/Return」を押して選択します。
  • カーソルを使用して、オートコンプリート メニューを上下にスクロールします。 次に、必要な選択を行います。

ドット演算子を追加して、そのデバイスで使用可能なすべてのコマンドをリストします

Screen_Shot_2022-04-18_at_2.13.37_PM.png

ドット演算子(ピリオド「.」)の追加 デバイスで使用できるすべてのコマンドの新しいメニューが開きます。

次のオプションのいずれかを使用して選択します

Screen_Shot_2022-04-18_at_2.15.10_PM.png

キーボードの「上」ボタンと「下」ボタンを使用してメニュー内を移動し、Mac では「Return」を押し、Windows または Chromebook では「Enter」を押して選択します。

目的のコマンドにカーソルを合わせて選択します。

パラメータの追加

前進する

パラメーターは、括弧内でコマンドに渡されるオプションです。

前方インチ

一部のコマンドには複数のパラメータが必要です。 同じコマンド内の異なるパラメータを区切るには、カンマを使用します。

オプションのパラメータ

次の例の true など、一部のパラメーターはオプションです。 パラメータの詳細については、コマンドのヘルプ情報を参照して、どのパラメータが必要で、どのパラメータがオプションであるかを判断してください。

For more information, help, and tips, check out the many resources at VEX Professional Development Plus

Last Updated: