技術的な実装の詳細 - プロジェクト ヘルプ - VR Python

VEXcode VRブラウザでの Python プログラミングをサポートするために、Pyodideと呼ばれる Python ランタイムの修正バージョンを使用します。

VEXcode VRは、次のような Python 3.8 標準ライブラリ機能の多くをサポートしています。

注:すべての標準ライブラリ機能と API がまだ VEXcode VR でテストされているわけではありません。 ブラウザー ランタイム環境で Python を実行するという性質上、標準の Python 言語機能の一部は VEXcode VR ではサポートされていません。

標準の Python との違いの例:

  • ローカル ファイル システムとデータベース アクセス、マルチスレッド、ネットワーク、プロセス間通信は機能しません。
  • ファイル API の一部はブラウザの仮想ファイル システム上で動作します (例: 作成/開く/書き込み)。 ただし、これらの仮想「ファイル」はブラウザの揮発性メモリに常駐しており、VEXcode VR ページから移動すると消えてしまいます。
  • print(...) の代わりに Brain.print(...) を使用する必要があります。 
  • Python スレッドはサポートされていないため、VEXcode VR は、協力タスクを厳密にシミュレートするカスタムvr_threadsをサポートします。 

For more information, help, and tips, check out the many resources at VEX Professional Development Plus

Last Updated: